入院したときの食事代

一部を自己負担します

イラスト

入院したときの食事代は、1食につき定められた金額を患者本人が自己負担します。これは被保険者被扶養者とも同額です。

入院時の食事代が1食につき定められた金額を超えた場合、超えた分については「入院時食事療養費」として健康保険組合が病院へ支払います。しかし、特別メニューなどを希望した場合は、特別室で入院した場合の差額ベッド代などの特別料金と同様に、その分の特別料金は自己負担することになります。

なお、食事代の標準負担額は高額療養費の対象とはなりません。

低所得者が標準負担額の減額を受けるには、「限度額適用・標準負担額減額認定申請書」に低所得の証明書(所得証明書もしくは非課税証明書)を添付して、健康保険組合にお届けください。後日、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を交付しますので、病院の窓口に提示してください。

また、低所得者・高齢受給者の低所得IIに該当する方について、直近1年間の入院日数が90日をこえる場合は、入院期間を確認できる書類(領収書のコピーなど)を添付して、再度申請書をお届けください。

減額申請が遅れたため、本来は減額された標準負担額(低所得者210円/日)を負担する方が一般の標準負担額(460円/日)を負担した場合などは、減額分の払い戻しを受けることができます。 その場合、「食事療養費標準負担額差額支給申請書」に標準負担額を確認できる書類(領収書の原本コピー不可)を添付して当健康保険組合にご請求ください。

入院時の食事についての標準負担額(1食につき)

一般 460円
低所得者
(市区町村民税非課税世帯等)
90日目までの入院 210円
91日目以降の入院 160円
低所得者世帯の高齢受給者 100円

療養病床に入院する65歳以上の人は、別途計算された食費および居住費の負担があります。

申請書類はこちら
書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず捺印の上提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。