健保からのお知らせ

2018/05/09

郵送によるがん検診のお知らせ

“がん”が増えています。
国民の2人に1人が“がん”になり、3人に1人が“がん”で亡くなっています。

現在、郵送による「がん検診(大腸・前立腺・子宮頸部)」を7月末までの期間限定で実施(自己負担額=1検査:200円)しております。
「がんの早期発見」の意義は「治癒可能な早期がんを見つけること」につきますので、この機会に是非ご活用ください。
    
※検査の受診で「KENPOS」のインセンティブポイントも付与(1検査あたり100P)しています。
      
【検査項目】
1.大腸がん検査(便潜血)
  肉眼ではわからない出血も、郵送検診では微量の血液でも判定することができるため、
  大腸がんの早期発見に繋がります。
     
2.前立腺がん検査 ※男性限定
  中高年の男性に急増している前立腺がんをわずかな血液で調べます。
     
3.HPV検査 ※女性限定
  子宮頸がんの主な原因とされる「ハイリスク・ヒトパピローマウイルス(HPV)」の感染を調べます。
    
     
【申込締切】
 平成30年7月31日(火)必着にてお願いします。
        
※検査の申込み等について詳しくは、平成30年4月末に配布のリーフレットをご覧ください。
(申込書は以下からもダウンロードできますので、ご活用ください)
         
————————————————————-
         
《 お詫び 》
4月末に配布したリーフレットの表記に一部誤記がありました。以下のとおり訂正の上、お詫びいたします。
            
(訂正箇所)
「低い日本の検診受診率」本文3行目記述の「37.7%」は「42.1%」が正しい表記となります。

添付ファイル