健保からのお知らせ

2018/11/01

「平成30年7月豪雨」における一部負担金免除期間を延長します

平成30年7月豪雨により被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
    
さて、平成30年7月豪雨については、本年7月12日付新着情報(「平成30年7月豪雨」により被災された皆さまへの対応について)にてご連絡のとおり、対象となる方への一部負担金の免除を行っておりますが、今般、厚生労働省から期間延長の要請を受け、当健保組合として免除期間を平成31年2月末日まで延長することと致しましたので、ご連絡いたします。
     
医療機関等窓口への提示書類として、平成30年12月31日までは、罹災(被災)証明書を提示いただくことで一部負担金等免除を受けることができますが、平成31年1月1日以降は「健康保険一部負担金等免除証明書」の提示が必要となりますので、ご注意ください。
         
なお、「健康保険一部負担金等免除証明書」の申請方法等、詳細につきましては、本年7月12日付新着情報をご参照ください。